2017年02月09日

ブラックコーヒー

blackcoffee.jpg

ベトナムコーヒーを頼んだつもりが普通のエスプレッソみたいな表面が泡立ったブラックコーヒーが来た。
100円位だったので、コーヒーといえば必ずしもベトナムコーヒーが出てくるわけではないのか。
それやったら、わざわざまずい(すみません)ベトナムコーヒーではなくて、
安くておいしい普通のコーヒーにしておくべきやった。

 

posted by gokrak at 17:18 | Comment(0) | ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昼飯屋

mesiya1.jpg

寒いので「フォー」という看板の出ている屋台飯屋に行ったら
フォーは売り切れだということで、ごく普通の定食のようなものになった。
トッピングを焼き魚、焼き豚、白菜の漬物の3品選んだら200円位だった。
味付けは日本と全く同じである。

mesiya2.jpg

地元民も食べているので、ぼったくりはしないはずだが、驚くほど安いとはいえない。
肉を選らばなければ150円ほどかもしれない。
しかし1時半頃だったが店じまいを始めたので、夕方までは休みなのかもしれない。



 

posted by gokrak at 16:55 | Comment(0) | ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

住むのはどうするか

tera2.jpg

どこの国に住みたいかは、人それぞれで違うが、ベトナムは、タイに比べるとまだ漢字や仏教の寺が残っていてタイよりは日本に近いものを感じる。
ベトナムのお経を聴いていたら、メロディは日本と似ていたが、テンポが倍くらいの速さで、踊れそうであった。
住居は、まずは、予算に応じてホテル住まいをするしかなく、1か月滞在で月何万円とかで安く交渉するかだろう。
最近はAIRBnBとかいうので個人の家をホームステイ的に提供しているサイトもあるが実際住んでみないとわからないだろうと思う。
次はサービスアパートメントを月単位で借りるという方法であるが、入居時に家賃以外に1か月分の保証金を払い、それは退去時に光熱費などを清算されて返ってくるという仕組みが多いようだ。
タイでも月額1万円〜2万円くらいでもあるので、ベトナムも同様であると思うが、探すのが大変そうなので、最初はホテル住まいだと思うが、その間のコストがかなり高くつきそうである。

 

posted by gokrak at 17:27 | Comment(0) | ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハノイ生活研究作業

banana.jpg

そろそろ、今回の旅の目的である、
「世界どこでも貧乏生活」の研究をまとめないといけない。
海外旅行に行った時は1日目が危険があぶない。
物価とか貨幣価値が全く違うので値段が安いのか高いのかがわからない。
インターネットで調べても、古い記事であったり、値上げになっていて、その時の値段が正確にはわからない。

そこで、最初は、コンビニかスーパーで値札を見ておおざっぱな物価を把握するのが良い。

日本で安さの代表といえばバナナや卵である。
写真のバナナが160円ほどであった
バナナの品種によっても違うがこの手のモンキーバナナは日本で見るフィリピンバナナより安い。

pan1.jpg

でかい味付きパンが90円であった。
この半分くらいのフランスパンが50円だったので、
おおむねパンは30円〜100円で買えるのであろう。
日本と同じで菓子パンのたぐいは安そうで、パン専門店のは高い。

cupmen.jpg

カップ麺が写真のが1個30円ほど、これが一番安かったので、平均50円くらいだろうか。

街の食品店に比べてたぶんスーパーは1割増し、コンビニは2割増しくらいの値段だと思うが、
ローカル市場などでは、言い値で決まる場合もあるので、旅行者の場合は高く買わされる場合がある。

 

posted by gokrak at 16:37 | Comment(0) | ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

ハノイの水上人形劇

ningyo.jpg

観光旅行らしい事もしておこうとハノイ名物の水上人形劇に行ってみた。
ハノイの水上人形劇の劇場は、ホアンキエム湖の東西にそれぞれ1か所ずつあるようだ。
空いているらしい方の劇場に行って見た。
午後2時から券を売るらしいので時間通りに行ってみるとまだ開いていなかった。
東南アジアではすべて定刻より30分くらいずれるのは想定内であるが、
指定席なので早めにいくほうが前の席が確保できる。
100000ドン(500円)

ningyo2.jpg

劇場の広さのわりに人形が小さいので迫力には欠けるが、アジアらしいコミカルな情緒が漂っている。
ざっと見渡しても日本人らしき人は居なかった。
日本人は一般的にグループで来ていても大声でしゃべらないので気付かないだけかもしれないが。

 

posted by gokrak at 20:35 | Comment(0) | ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。