2016年12月01日

水槽用自動エサやり器

esa.jpg

単三乾電池2本で動作。電池を入れた時からスタートして、12時間または24時間ごとに1回、エサの入ったケースが1回転して隙間からエサが落ちる仕組み。
隙間の広さは調節できるが、欠点はエサが細かいとドサっと落ちるし、湿ると隙間に詰まってしまうので、量が安定しない。

 

posted by gokrak at 14:28 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。